みずほ銀行カードローンの審査に落ちてしまったら?

みずほ銀行カードローン審査に落ちた場合は?

 

 

みずほ銀行カードローンの審査に申込みをして、スムーズに借入することが出来れば良いのですが、残念ながら審査落ちしてしまう人もいます。

 

カードローンの申込みで大事なのは、

 

「審査に落ちないための対策」
「万が一審査に落ちてしまったときはどうすればいいのか?」

 

ということです。

 

審査に落ちてしまったときは、どう頑張ってもみずほ銀行カードローンを利用することが出来ません。ですので、別の融資手段として他のカードローン会社などの下調べなどもしておく必要があります。

 

金利面においては、おそらくみずほ銀行がダントツで良いので、次に金利の低い会社はどこかということに重点をおいて選んでおくと良いかもしれません。

 

このような対策をしっかりしておけば、審査に落ちてもバタバタすることはないでしょう。

 

まずは審査落ちしないためにも、みずほ銀行カードローンの審査基準や審査に通るコツなどをこちらで紹介しますので、申込み前に一度確認しておいて下さいね。

 

 

みずほ銀行カードローンの審査に関するQ&A

みずほ銀行のカードローン審査に落ちる理由はなんですか?

審査に落ちるということは、「この人にお金を貸すのはリスクがある」と判断されたということです。

 

 ・申込み内容に不備がある
 ・安定した収入がない
 ・属性が良くない 
 ・信用情報にキズがある
 ・すでにお金をたくさん借りている

 

など理由はいくつか考えられます。みずほ銀行カードローンは低金利でかなり魅力的ですが、この利息負担が軽いからこそ、踏み倒されたときのリスクは大きくなるので、誰でも簡単に利用できるわけではありません。返済をしっかりしてくれて本当に信頼できる人なのかを審査で確認し、認められた人だけがみずほ銀行カードローンを利用できるようになります。まずは実際に審査を受けてみないと融資可能かどうかはわかりませんが、上記の点に心当たりのある方は審査に通ることは難しいかもしれません。審査に通るコツなどこのページでも紹介していますので、参考にしてみて下さいね。

 

 

みずほ銀行カードローンの審査の条件はなんですか?

みずほ銀行カードローンの審査の条件は、

 

 ・契約時の年齢が満20歳以上満66歳未満
 ・安定活継続した収入が見込める
 ※外国人の方は永住許可を受けている方のみ対象

 

こちらをクリアしていれば誰でも申込みできます。みずほ銀行カードローンの申込み方法は、インターネット・銀行窓口・郵送・電話の4つですが、一番手軽にできるのがインターネット申込みです。ネット申込みであれば24時間365日受付ていますので、窓口に行く時間のない方や、誰にも見られたくない方はこちらの方法がおすすめですよ。

 

 

みずほ銀行カードローンの審査時間が長いというのは本当ですか?

みずほ銀行カードローンは低金利という最大のメリットがあるため、利用者も多くなっています。ですが、その分回収不能になるリスクも高くなります。このようなこともあり審査は慎重に行われるため、審査時間が長くなっているようです。口コミで検証した結果、2日以上かかるのが一般的で、長ければ1週間〜10日程度かかる人もいるんだとか!?審査結果が分からないまま何日も待たされるのは不安ですよね。審査が長引く理由として、申込み内容に不備があったり、過去の信用情報に問題ありなど、少しでも支払い能力を疑われるようなことがあれば、審査結果の判断が遅れるようです。「どうしても急ぎでお金が必要!」などとにかく時間を優先したい方は、みずほ銀行カードローンではなく、消費者金融で申込みをした方がいいかもしれません。ですが、返済額はなるべく少なく済ませたいという方や、まとまったお金が必要という方にはみずほ銀行カードローンをおすすめしますので、少し時間に余裕を持って申込みするようにしましょう。

 

みずほ銀行カードローンの属性審査ってなんですか?審査を有利にする属性があるんですか?

みずほ銀行カードローンの審査ではあなたの”属性”が重要となります。属性とは、年齢・職業・勤務先・雇用形態・勤続年数・年収・居住年数・居住状態・家族構成・健康保険の種類などの個人情報です。この属性の評価が高い人の方が多くの融資を受けることができ、逆に評価が低いと融資額が少なかったり、審査に落とされる場合があります。

 

例えば、

 

Aさん:年収→600万円
    勤務年数→1年

 

Bさん:年収→400万円
    勤務年数→15年

 

Cさん:年収→500万円
    勤務年数→10年

 

の場合、大きな融資が受けられるのは一般的にCさん→Bさん→Aさんの順番になるようです。また、年齢も30代〜40代、公務員や正社員の属性は高くなると言われています。属性の判断基準はそれぞれの金融機関で異なりますが、上記のように年収だけが高ければいいという単純な判断ではなく、総合的な判断で審査結果が出るようです。

 

 

みずほ銀行カードローンの審査に通るコツとは?

 

 

カードローン審査で最も重要とされるのは『返済能力』と『信頼』です。このどちらか1つでも欠けていれば、他の金融会社で審査を受けても通る可能性は低くなります。

 

では、みずほ銀行カードローンの審査に通るための審査対策は何か、確認していきましょう。

 

 

【その1】 安定した収入がある

 

安定した収入とは、毎月一定の額以上の収入が見込めるかどうかで、歩合給制や時給制など、毎月の収入が変わる場合も特に問題はありません。

 

また、雇用形態も問いませんので、派遣社員や契約社員、パート、アルバイトでも申込みできます。

 

 

【その2】 申込み内容にウソはないか?

 

申込みの際、少しでも審査に有利になろうと年収や勤務年数をごまかして申告しようとする人がいますが、これは審査落ちの原因となります。

 

少しくらいだったらバレないだろうというのは間違いで、ほぼ100%バレます。

 

特にみずほ銀行の審査は時間をかけ慎重に行いますので、ウソの申告はもちろん、申告内容の間違いにも気をつけなければいけません。

 

 

【その3】 みずほ銀行カードローン以外の同時申込みは避ける

 

キャッシングの審査では申込み記録も確認されます。たくさんの申込み履歴があれば、「相当お金に困っている人」と認識され、審査に落ちる可能性が高くなります。

 

申込みブラックになってしまうと、6ヶ月間は信用情報に記録されてしまいますので、みずほ銀行カードローン以外で同時申込みするのは避けましょう。

 

 

【その4】 みずほ銀行の口座を持っている

 

みずほ銀行カードローンは口座を持っていなくても申込み可能です。ですが、融資の際には口座が必要となります。

 

事前にみずほ銀行の口座があれば、審査が通ればスムーズな融資が可能ですし、口座を普段利用していれば入出金の記録や口座の残高で審査に優遇されることもあります。

 

どちらにしろ、みずほ銀行カードローンを利用する場合には、みずほ銀行の口座が必要となるので、まずは口座を作って普段から利用することも重要かもしれません。

 

 

【その5】 クレジットヒストリーを作っておく

 

キャッシングをする際、過去のキャッシングやクレジットの利用歴などが調べられます。キャッシングやクレジットカードなど、今まで一度も利用したことのない、いわゆるスーパーホワイトさんは注意が必要です。

 

これまでに利用したことのある方で、しっかり返済が行われていれば信頼できる人として認識されますが、一度も利用したことがなければその人が本当に信用できるのか判断ができません。

 

まずはクレジットカードを利用するなど、少しでもクレジットヒストリーを作っておくことをおすすめします。

みずほ銀行カードローンの審査基準はどう?【審査時間長い?】

 

 

みずほ銀行カードローンの審査基準は厳しいというイメージを持った方は結構いるのではないでしょうか。

 

どんな審査が行われるのか事前に知っておきたいところですが、詳しい内容は公開されていませんし、問い合わせをしても教えてもらえません。

 

そこで、みずほ銀行カードローン審査を実際に受けた人の口コミなどを参考に、みずほ銀行カードローンの審査基準についてまとめてみました。

 

▲ 属性に問題はないか?
▲ 過去に金融事故を起こしていないか?
▲ みずほ銀行で金融事故を起こしていないか
▲ 他社借入はどれくらいあるのか

 

 

みずほ銀行カードローンの審査時間はどう?

 

みずほ銀行カードローンの審査にかかる時間が早い人もいれば、そうでない人もいるようです。それぞれの特徴を確認してみましょう。

 

●審査が比較的早い人

 

 ・属性評価が高い人(年収が高い・勤務年数が長いなど)
 ・正社員・公務員
 ・過去のローンやクレジットで遅延履歴がない

 

●審査が比較的遅い人

 

 ・属性評価が低い(年収が低い・勤務年数が短いなど)
 ・非雇用社員(パート・アルバイト・派遣社員・契約社員など)
 ・過去のローンやクレジットで遅延履歴がある

 

みずほ銀行カードローンの審査結果が出るまでに何日も待たされたということもあるようです。

 

しかし、時間がかかったからといって審査に落ちるわけではありませんので、審査結果が届くまでは気長に待つようにしましょう。

みずほ銀行カードローン審査に必要な書類は?

 

 

みずほ銀行カードローン申込みで必要となる書類は以下の通りです。

 

◇◆本人確認書類◆◇

 

 運転免許証
 パスポート
 健康保険証
 住民票(発行後3ヶ月以内)
 印鑑証明書(発行後3ヶ月以内)
 住民基本台帳カード

 

※など、上記のいずれか1つ

 

◇◆収入証明書◆◇

 

 源泉徴収票
 住民税決定通知書または課税証明書
 納税証明書(その1・その2)

 

※必要な場合のみ、上記のいずれか1つ

審査落ちの理由はなにか?

 

 

いかかでしたか?

 

なぜ審査に落ちてしまったのか。それについては、みずほ銀行に聞いても教えてくれませんが、ローン残高や年収などが考えられます。何に原因があるのかを自分なりに考えてみて、それに見合った対策を立てていくことが大切です。

 

もし、年収に問題があると思ったら融資希望額を低めにして申請してみたり、ローン残高があると思ったら、少しでも返済をしてから申込みをするという試みが必要です。

 

審査に落ちてしまって融資を受けられないとはいえ、お金に困っている状況は変わらないと思います。

 

ですので、そういう時は一度冷静になって、身内にお金を借りることはできないか、本業の他にアルバイトをすることは出来ないのかということも考えていきましょう。

 

地味ですが、なにげに大切な方法です。

低金利&大口だから用途を選ばず使える

みずほ銀行カードローン

金利 限度額 審査時間
年2.0%〜14.0% 最大800万円 公式ページ確認
保証人 派遣 最短融資
不要 審査対象 最短利用可能
  • 手持ちのキャッシュカードで最短利用可能
  • 限度額最大800万円
  • コンビニATMで利用可能
  • いつでも審査可能で24時間受付体制
  • PCはもちろんスマホ・携帯でご利用可能